/

本州のヒグマは新系統 DNA抽出、山梨大など

群馬県上野村(左)と埼玉県秩父市で見つかったヒグマの化石=山梨大の瀬川高弘講師提供・共同

山梨大と国立科学博物館などの研究チームは、群馬県上野村と埼玉県秩父市で発見されていたヒグマ2頭の化石から、DNAの抽出に初めて成功したと明らかにした。古代DNA分析の手法を用いた結果、ユーラシア大陸北部から極東サハリン、北海道を経て、約14万年前に本州に到達した未知の系統の集団が存在したことが明らかになった。

現在、ヒグマは北海道だけに生息している。2万年前まで本州全域にいたことが分かっているが、「いつどこから来たのか、どの系統に属するのか」は不明だった。山梨大の瀬川高弘講師(環境生物学)は「残っていたヒグマのDNAが非常に少なく、大変な実験。日本では最古の試料からの遺伝子解析」とする。

放射性炭素の年代測定なども実施。2頭の化石はそれぞれ、3万2500年前と1万9300年前の個体だった。上野村の化石はDNAから、16万年前に北海道南部のヒグマの祖先グループから分岐した未知の系統と分かった。

分岐したのが16万年前であることから、青森県で見つかっていた日本最古の34万年前のヒグマとは系統が異なると、研究チームは判断した。34万年以前と、14万年前ごろの少なくとも2回、本州に渡来したことになるという。

途中の津軽海峡は水深が深く、動植物の分布境界線がある。これまで朝鮮半島経由が有力とされてきたが、氷河期で海面が低下した時期に海峡を越えた可能性が高いと研究チームはみている。

現在、本州に生息する大型陸生動物はニホンジカ、ニホンカモシカ、ツキノワグマの3種類。本州のヒグマは大きいもので体長3メートル以上、体重は500キロを超えると推定される。本州の大型哺乳類がどのようなルートで渡来し、なぜ絶滅したのか。研究チームは、こうした謎を解明することが、日本の生態系を深く知る手掛かりになるとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン