/

体育や登下校のマスク不要、文科相「熱中症対策を優先」

各地の学校で子どもの熱中症が相次いでいることを受け、末松信介文部科学相は10日の閣議後の記者会見で「マスク着用で命にかかわる熱中症のリスクが高まる。熱中症対策を優先し、メリハリのある取り扱いをお願いする」と述べ、体育の授業や登下校時にマスクを外す指導を徹底するよう求めた。

文部科学省は10日に通知を出し、都道府県教育委員会などに改めて「マスク不要」の指導を促した。

同省は体育や運動部の活動、登下校時は周りとの距離を確保したうえでマスクを外す指導を求めてきた。末松氏は「周囲の目を気にして外したがらない例もある。命を落としかねない危険があり、外す必要性を丁寧に説明していきたい」と話した。

教育現場の対応はばらつきがあり、マスクを着けたまま運動会の練習や部活動をする学校もある。小学生らは着脱や熱中症の恐れを自ら判断しにくいため、改めて熱中症対策を優先するよう周知する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン