/

マスク着用基準知らず58% 屋外不要は浸透せず

新型コロナウイルス対策として定着したマスクを巡り、政府が5月に示した着用の判断基準の内容を知らないと回答した人が58.4%に上ることが民間調査で分かった。屋外では季節を問わず原則不要との基準を示したが、多くの人がマスクを着けている状況が続いている。基準が浸透していない現状が調査で裏付けられた形だ。

キャリアに関する研究機関を運営する「ライボ」が10月、社会人の男女1011人を対象にインターネットで調査。政府は、屋内でも人との距離が保てて会話をほとんどしない場合は不要としている。

マスクの着用基準を知っているか尋ねると、「存在も内容も知らない」が18.4%、「存在は知っているが内容は知らない」が40.0%。「存在も内容も知っている」と回答したのが41.6%だった。

政府からの説明に対する満足度を問うと「不十分」が39.1%、「どちらかといえば不十分」が13.4%で、十分ではないとの回答が半数を超えた。自由記述では「基準を示すのであれば、国民全体に周知しないと意味がない」などの意見が寄せられた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません