/

この記事は会員限定です

避難指示、3割超発令せず 8月大雨「警戒レベル4」検証

(更新) [有料会員限定]

災害の恐れが高まり、全員避難を意味する「警戒レベル4」相当の情報が気象庁などから出た際、速やかに避難指示を発令しない自治体が目立っている。日本経済新聞が8月の大雨について調査したところ、31%の市区町村は1時間後までに発令していたが、36%は24時間後も発令していなかった。二極化した対応の背景には、市区町村が避難指示の責任を負う制度の限界も浮かぶ。

避難指示の発令前に災害が発生し、逃げ遅れた人が犠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン