/

この記事は会員限定です

続発する線状降水帯、梅雨末期に注意 仕組みや備えは

[有料会員限定]

線状降水帯による集中豪雨が、大規模な土砂災害や河川の氾濫を引き起こすケースが相次いでいます。7月に入り、伊豆諸島や鳥取、島根、鹿児島の各県で発生が確認されており、梅雨末期にあたる今の時期は特に注意が必要です。最近の記事から、線状降水帯のメカニズムや自宅の災害リスクなどを知るのに役立つ記事をまとめました。

気象業務支援センター大泉伝研究員提供 気象業務支援センター大泉伝研究員提供

6月に社会面で連載した「豪雨防災は今」では、世界でも例のない線状降水帯の発生半日前予測に挑む気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン