/

都立高男女別定員、廃止を ネット署名に2万9千人

(更新)
記者会見する神奈川大の平山昇准教授(9日、東京都庁)=共同

東京都の都立高校入試で男女別の定員が設けられているのは、ジェンダー平等やLGBTなど性的少数者保護の観点から廃止すべきだとして、教諭らが集めているオンライン署名が開始から約2週間の9日夕時点で2万9千人以上に上った。署名は今月中にとりまとめ、7月上旬に都教育委員会に提出する方針。

都立高は生徒の男女比をほぼ同数にするのを目的に全国で唯一、男女別の定員を設定。その結果、合格最低点が男女で異なり、予備校の調査ではほとんどの高校で女子生徒が不利になっているという。

都教委は格差が大きい一部の高校で定員の9割までは男女を同数に近づけるよう別々に合否を判定し、残り1割は男女の区別なく得点順で合格者を決める是正措置を取っている。2021年度入試では男女別定員を採用している普通科高校110校のうち、42校で実施した。

署名集めの発起人となった都立高の30代男性教諭は9日に都庁で記者会見し、トランスジェンダーの生徒を受け持ったことがきっかけと説明。「男女別定員のために入学願書の性別欄を廃止できないでいる。段階的に是正措置を拡大し、最終的には男女別定員を廃止してほしい」と訴えた。

賛同者で神奈川大の平山昇准教授(日本近代史)は「制度的にベストでないのは明らか。性別による不公平な扱いは解消すべきだ」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン