/

この記事は会員限定です

臨海空港、浸水リスクに悩む 関空は地盤沈下と二重苦

[有料会員限定]

沿岸部の空港は海面上昇に伴って浸水対策の強化を迫られる。2018年に台風で浸水した関西国際空港は地盤沈下との二重苦に直面し、護岸や滑走路のかさ上げを繰り返すことになる恐れもある。どこまで海面上昇を想定し、どこまでコストをかけて対応するのか。長期的な計画づくりが求められる。

1994年に世界初の「完全人工島からなる海上空港」として開港した関西国際空港では今、滑走路2本のうちA滑走路をかさ上げする工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン