/

この記事は会員限定です

陰謀か自浄作用か ゴーン元会長事件、元役員判決は3月

(更新) [有料会員限定]

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(67)の報酬過少記載事件で、共犯で起訴された元代表取締役の公判が27日結審した。極秘の内部調査に端を発した経済犯罪。1年余りに及ぶ〝主役〟不在の審理では検察への「告発」に至る経緯が当時の幹部によって語られた。トップ追い落としの陰謀か、経営を正す自浄作用か。判決は来年3月3日に言い渡される。

金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)罪に問われた元代表取締役、グレッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン