/

福岡・久留米で35.6度 今年初の猛暑日

(更新)

日本列島は9日、広い範囲で高気圧に覆われて晴れ間が広がり、各地で気温が上昇した。福岡県久留米市では気温35.6度を観測し、全国で今年初めて最高気温が35度以上の猛暑日となった。

気象庁によると他に35度を超えたのは、大分県日田市と佐賀市でいずれも35.1度。久留米市は昨年も全国で最も早く猛暑日となり、今年で2年連続となった。

また、熊本県菊池市、愛媛県大洲市、山口県岩国市などは34度に達した。山梨県甲州市、岐阜県多治見市などでは33度以上を記録し、東日本から西日本を中心に、最高気温が30度以上の真夏日となった観測地点が相次いだ。東京都心部も31度に達し、2日連続の真夏日となった。

10日も広く高気圧に覆われて日差しが強まるため各地で気温が上昇し、真夏日になる地点が多くなるとみられる。気象庁は、熱中症への注意も呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン