/

この記事は会員限定です

働く女性の卵子凍結広がる 国や医学会は実態把握せず

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

キャリアか出産か――。両立に悩む働く女性の間で「卵子凍結」を選ぶ動きが広がっている。若い状態の卵子を保存し将来の妊娠・出産に備えるためだ。ただ出産を保証するものではなく、身体的な負担も大きいことから医学会が「推奨しない」との見解を示すなど意見は割れている。国も実態を把握しておらず、利用者任せの状態が続いている。(下川真理恵)

卵子凍結を手掛けるメディカルパーク横浜(横浜市)の培養室。液体窒素が入っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン