/

高圧線接触、2人死亡 横浜のゴルフ場で伐採中

(更新)

9日午前8時10分ごろ、横浜市のゴルフ場「戸塚カントリー倶楽部」(戸塚区、旭区)で、高所作業車のゴンドラに乗って樹木を伐採していた男性作業員2人が高圧線に接触した。2人はいずれもその場で死亡が確認された。感電死とみられる。

神奈川県警戸塚署によると、死亡したのは、ゴルフ場から委託を受けた造園会社の40代と50代の男性従業員とみられる。ゴンドラにあるコントローラーをどちらかの作業員が操作して作業に当たっていたといい、地上の運転席は無人だった。署は身元の確認を急ぎ、業務上過失致死事件の疑いも視野に捜査している。

当時、現場付近には亡くなった2人を含め、作業員5人がいた。接触したのはJRの高圧線で、少なくとも1本が切断された。ゴンドラから炎と煙が上がるのを、別の作業員が目撃したという。

JR東日本によると、2人の救出活動に伴い送電を止めた影響で、同日正午ごろから横浜線の全線で運転を見合わせたが、午後2時ごろまでに再開。約1万1千人の足が乱れた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン