/

この記事は会員限定です

無観客五輪、人員調整急ぐ ボランティアなど配置転換

(更新) [有料会員限定]

東京五輪で首都圏などでの無観客開催が決まり、観客受け入れが前提だった運営体制は大幅に見直される。横浜市では競技会場の最寄り駅周辺などで稼働予定だったボランティア約2千人の活動が全面中止に。9日深夜には北海道も一転して無観客開催となる異例の展開が続いた。大会組織委員会は会場で活動する医療スタッフや民間警備員の配置などの調整を急ぐ。

五輪では9都道県42競技会場のうち、8割が1都3県に集中する。首都圏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン