/

皇后さま58歳、皇居で祝賀行事 コロナ禍で2年ぶり

皇后さまは9日、58歳の誕生日を迎え、皇居・宮殿で祝賀行事に臨まれた。昨年は感染拡大が続いた新型コロナウイルス禍の影響で見送られたため、2年ぶり。天皇陛下とともに宮内庁長官ら幹部、皇族を代表して秋篠宮さま、三権の長らの祝賀を受けられた。

新型コロナの新規感染者数が落ち着いてきたこともあり挙行されたが、コロナ禍前に比べて規模を大幅に縮小し、飲食を伴う祝宴や茶会を行わないなどの感染対策がとられた。西村泰彦長官によると、皇后さまは「(1日に20歳の誕生日を迎えた)愛子さまの成年について安堵されたようなご様子」だったという。

この後、両陛下は上皇ご夫妻へのあいさつのため、仙洞仮御所(東京・港)を初めて訪問。代替わりに伴う引っ越しのため、ご夫妻が皇居を離れられた昨年3月以来、約1年9カ月ぶりの面会となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン