関東甲信で警報級大雪の可能性 10日以降に都心も積雪か - 日本経済新聞
/

関東甲信で警報級大雪の可能性 10日以降に都心も積雪か

(更新)

気象庁と国土交通省は9日、関東甲信の大雪に警戒を呼びかける緊急発表を出した。低気圧の影響で関東甲信では10日朝から雪が降り、東京都心では最大3センチの降雪が見込まれ、気象状況によっては広い範囲で警報級の大雪となる恐れがある。気象庁によると、都心を含む平地でも広く積雪する見込みという。

国交省などは不要不急の外出は控えるように求め、交通機関の乱れや路面凍結などへの警戒を呼びかけている。

気象庁によると、10日から11日にかけて関東の南海上にある低気圧が発達しながら東に進む。関東甲信では10日朝から広い範囲で雪が降り始め、日中に降雪のピークを迎える。

午後には沿岸部を中心に雨に変わる見通し。雨に変わる時間が遅くなるなどすれば、広い範囲で警報級の大雪となる恐れがある。

10日午後6時までの24時間予想降雪量はいずれも多い地域で甲信と関東北部の山地で20センチ、関東北部の平野部と箱根から多摩地方や秩父地方にかけて15センチ、関東南部の平野部で8センチ、東京23区で3センチ。

交通機関への影響も懸念される。JR東日本は10日に首都圏で運休や運行の大幅な遅れなどが生じる可能性があるとして、時間に余裕を持った行動を呼びかけた。日本航空は10日午前に羽田空港などを発着する一部の運航便の欠航を決めた。

首都高速道路やNEXCO東日本は高速道路での立ち往生を未然に防ぐため、通行止めを行う可能性があると発表した。不要不急の外出を控えるとともに、やむを得ず高速道路を利用する際は冬用タイヤの装着やチェーンの携行を強く求めている。

国交省などは最新の気象情報に注意し、大雪の場合はテレワークの活用などの検討も呼びかけている。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません