/

この記事は会員限定です

職あれど窮す「脱する道筋を」 炊き出しに若者・女性

衆院選2021・現場を歩く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスがもたらした地域経済への打撃は大きく、多くの人が収入を減らした。都心の炊き出しには行列ができ、子の食費に悩むひとり親もいる。政府の雇用政策によって失業率の上昇が抑えられてはいるが、シフト削減などに直面し困窮へ追いやられた人はいる。「脱する道筋を描いて」。現場の願いは切実だ。

9日昼、東京都庁前であった炊き出しに300人超が列をなした。保存食や果物、マスクなどが入った袋を受け取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン