/

バーベル投げてパワハラ、最高裁が免職認める 元消防士

部下にパワハラを繰り返したとして分限免職処分を受けた山口県長門市消防本部の元消防司令補の40代の男性が、同市に処分取り消しを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(林道晴裁判長)は13日、二審・広島高裁判決を破棄し、男性側の請求を棄却した。一、二審はいずれも処分を違法として取り消したが、男性側の逆転敗訴が確定した。

判決によると男性は2008~17年、市消防本部の部下ら約30人に対し、バーベルを投げて頭で受け止めさせるといった暴行や暴言など計約80件のパワハラを行った。長門市は17年8月、職場の人間関係や秩序を乱したとして、男性を分限免職処分とした。

分限処分は、業務の効率化を目的として、勤務実績や適格性の欠如などを理由に公務員を降格させたり休職させたりする制度。訴訟では、長門市が分限処分の中で最も重い免職処分を科したことの妥当性が争われた。

第3小法廷は判決理由で「一連の行為に表れた粗野な性格について、消防職員に求められる適格性がないとみることや、指導しても改善の余地がないとみることに不合理はない」と指摘。男性がパワハラ行為を告げ口した部下らへの報復を示唆していたことも挙げ「(男性を)消防組織内に配置しつつ、組織の適正な運営を確保することは困難だ」とした。

男性側は、消防組織の特殊な職場環境を考慮すべきだと訴えていたが、判決は「処分が許容される限度を超えていないことは(男性の職場に)上司が部下に厳しく接する傾向があったとしても何ら変わるものではない」と退けた。

21年4月の一審・山口地裁判決は、男性の職場には粗暴な言動を助長する風潮があったと指摘。パワハラが続いたのは個人の素質や性格だけが原因とは言えず、免職処分は違法とした。二審も同年9月、「(市側が)今日の社会的要請であるパワハラ防止研修を行った事実はうかがわれず、改善の可能性を十分に考慮したかも疑問だ」などとして処分を取り消す判決を言い渡した。

最高裁の判決を受け、長門市は「処分は適法と判断された。市の主張が認められ安堵している」とのコメントを出した。

最新の社会ニュース・コラム・調査報道

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン