/

リニア工事で再び事故 1人けが、長野のトンネル

(更新)

JR東海は8日、リニア中央新幹線の長野県豊丘村のトンネル工区(坂島工区)で土砂が崩れる事故があり、50代の男性作業員1人が右脚に軽傷を負ったと発表した。

リニア工事を巡っては、10月27日に作業員2人が死傷するトンネル崩落事故が岐阜県中津川市で発生。坂島工区は一時中断後、11月1日に再開したばかりだった。

JR東海によると、事故は8日午前8時20分ごろに伊那山地トンネルの同工区で起きた。斜坑と呼ばれる作業用トンネルを200メートルほど掘削した先端で、発破用の火薬を装塡していた最中、作業員の1人が異常に気付き退避を指示。幅約6メートル、高さ約5メートルにわたって掘削面が崩れ、退避中の50代作業員に土砂が当たり病院へ運ばれた。右脚のふくらはぎ筋肉の炎症だった。

事故当時は8人が坑内にいたという。

崩落事故防止のためのガイドラインを順守していたことは確認したという。同社は労働基準監督署に報告し、今後事故原因を調査する。

今回の事故を受け、坂島工区は工事を再度中断。安全対策をした上で再開する方針だが、時期は未定だ。他の工区については工事を継続する。

JR東海は「けがをされた方にお見舞いを申し上げる。原因を調査し、再発防止に努める」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン