/

天皇陛下、11月に前立腺検査へ 血液検査に「やや懸念」

(更新)

宮内庁は3日、天皇陛下が前立腺の検査を受けられると発表した。11月上旬に病院で行う方向で、磁気共鳴画像装置(MRI)を用いた日帰りの検査となる予定。

同庁はこれまでの検診で、前立腺の疾患に関わるPSA検査の数値に「やや懸念される傾向」がみられたためとしている。11月の検査結果を踏まえ、組織検査を含めたより精密な検査を行うことも検討する。

側近によると、陛下は普段通りの生活を続けられている。22、23日の沖縄訪問も予定通り実施するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン