/

首都圏地震、43人負傷 鉄道の運休・遅れの影響36万人

7日夜に首都圏で最大震度5強を観測した地震で、総務省消防庁は8日、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都県で計43人が負傷したと発表した。うち重傷は埼玉、千葉両県で2人ずつ。鉄道のダイヤの乱れは8日午後も続き、JR東日本では7日深夜以降、新幹線と在来線16路線で運休や遅れが生じて計約36万8千人に影響した。

地震は7日午後10時41分ごろに発生。一夜明けた8日朝も各地で影響が残り、多くの人の通勤通学に支障を来した。JR東によると、9日は全路線で始発から平常通り運行できる見通し。

東京都交通局によると、足立区の舎人公園駅付近の高架を走行中だった新交通システム「日暮里・舎人ライナー」は先頭側が脱線し、乗客3人が転倒などで負傷。8日夜にクレーンで車両を地上へ下ろして撤去する作業を行った。復旧に数日かかる可能性がある。運輸安全委員会は鉄道事故調査官を派遣。現地で車両や地上設備を確認し、多数の損傷が見つかった。

国土交通省によると、停止したエレベーターに利用者が一時閉じ込められる事案も埼玉、千葉、東京、神奈川の1都3県で計28件あった。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン