/

この記事は会員限定です

関連死認定率に格差 熊本地震で最大4倍、統一基準なく

[有料会員限定]

避難生活の疲労やストレスに起因する「災害関連死」を巡り、市町村による認定率のばらつきが課題となっている。死者の8割が関連死だった5年前の熊本地震では認定率に最大4倍の開きが発生。認定されず災害弔慰金を受け取れなかった遺族が訴訟を起こす事態に発展した。国は統一的な認定基準やガイドラインを示しておらず、不十分な情報開示も制度の不信を招いている。

関連死は長引く避難生活による過労や体調悪化など間接的な原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1726文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン