/

この記事は会員限定です

クリーンさ見定めたい 「政治とカネ」で揺れた選挙区

[有料会員限定]

衆院が14日解散され、事実上の選挙戦が始まる。新型コロナウイルス対策や地域経済の回復といった課題が多く浮上する中、「政治とカネ」の問題で揺れた選挙区における有権者の政治不信は根強く、「クリーンな候補者を見定めたい」と透明性を求める声は大きい。専門家は透明性確保の重要性を指摘する。

東京9区(練馬区中西部)内にある私鉄の駅前。11日夕、同区で立候補を予定する男性がビラ配りをしていたが、立ち止まる人は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

衆院選2021

第49回衆議院選挙は10月19日公示され、31日の投開票に向けて選挙戦が続いています。総定数465議席に1051人が立候補。新型コロナや経済への対策が主な争点で、岸田文雄政権の信任を問います。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン