/

この記事は会員限定です

忠実・熱狂… 五輪支えるボランティア、競争率は50倍

厳冬の祭典~北京のいま

[有料会員限定]

北京冬季五輪の運営は約2万人のボランティアに支えられている。昨夏の東京大会は幅広い世代が参加したが、今大会は若者が中心。応募が殺到し、採用倍率は約50倍に達した。業務に忠実に取り組む一方、会場で母国を懸命に応援する姿も珍しくない。どのような人が何のために働いているのだろうか。

「マスクをしっかりつけてください」「消毒はしていますか」。大会の関連施設には玄関だけでなく、部屋の出入り口にも複数のボラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン