/

安倍元首相、撃たれ心肺停止 演説中に襲った41歳男逮捕

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

8日午前11時半ごろ、奈良市内の路上で街頭演説をしていた自民党の安倍晋三元首相(67)が男に背後から銃で撃たれた。安倍氏は右首と左胸を負傷。心肺停止の状態で現場から搬送された。奈良県橿原市の県立医科大付属病院で救命措置を受けている。近くにいた警察官が男を取り押さえ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

国政選挙の選挙期間に演説中の首相経験者が銃撃される事件は極めて異例だ。警察庁は事件を受け対策本部を設置。当時の警備に問題がなかったかも検証する。今後は動機などの解明が焦点となる。

奈良県警によると、男は奈良市大宮町3、職業不詳、山上徹也容疑者(41)。銃も押収した。県警は手製の銃が使われた可能性があるとみている。

県警によると、山上容疑者は「安倍元首相の政治信条への恨みではない」と供述している。県警は8日、奈良市内の山上容疑者の自宅などを家宅捜索した。

総務省消防庁によると、安倍氏は右首に銃創と出血があるほか、左胸にも皮下出血が確認されたという。

安倍氏の8日の街頭演説を巡っては奈良県警の警衛警護・危機管理対策参事官をトップとする警護体制が組まれ、警視庁のSP(セキュリティポリス)も警戒に当たっていた。

現場は近鉄大和西大寺駅の北側。目撃者の証言によると、銃声が2度聞こえ、煙も上がった。現場では5~6人の警察官がグレーのTシャツ姿の山上容疑者を取り押さえた。

自民党本部によると安倍氏は8日、参院選の応援で奈良県と京都府で街頭演説に立ち、夕方には埼玉県を訪問する予定だった。安倍氏は午前11時すぎから同駅近くで街頭演説をしていた。自民党奈良県連によると、安倍氏の奈良県入りが決まったのは7日だった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2022年7月8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの路上で発生した安倍晋三元首相銃撃事件。亡くなった安倍元首相の国葬が9月27日に日本武道館で行われます。首相経験者の国葬は1967年の吉田茂元首相以来、戦後2例目。最新ニュースや速報をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン