/

この記事は会員限定です

地域で異なる休業要請 集客施設や興行、対応に苦慮

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言の延長と対象地域の追加を受け、集客施設の運営事業者などが8日、対応の検討を進めた。自治体によって休業などの要請が異なることから、営業再開などの対応は分かれた。

遊園地やテーマパークでは8日、営業再開の決定が相次いだ。サンリオピューロランド(東京都多摩市)は14日から収容率を50%に抑えて再開する。都が12日から遊園地などの人数制限などを一部緩和するため。もと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン