/

コロナ感染後の肺障害に生体移植 京大病院、世界初

(更新)
京都大病院で行われた、新型コロナウイルスによる肺障害患者への生体肺移植手術(京都大病院提供)=共同

新型コロナウイルス感染によって左右両方の肺がほぼ機能しなくなった女性患者に対し、健康な夫と息子の肺の一部を提供する生体移植手術を世界で初めて実施したと、京都大病院が8日、発表した。手術は7日に行われ、約11時間かかって終了。夫と息子の経過は良好で、女性は集中治療室に入っているが、順調にいけば2カ月で退院できる見込みだという。

病院によると、新型コロナ感染後の肺障害に対する脳死肺移植は中国や欧米で数十例実施されているが、日本では脳死からの肺提供が多くなく、患者の待機期間も2年半ほどに及ぶのが現状。今回は夫と息子から申し出があり、提供者側には肺活量が減るなどのリスクがあることを説明した上、同意を得て実施した。

手術を受けるには年齢や体調などの制約があり、高齢者や基礎疾患のある人が重症化しやすい新型コロナへの適用は限定的とみられるが、担当した伊達洋至教授(呼吸器外科)は「新しい選択肢ができたという意味では希望のある治療法だと思う」と話した。

夫と息子は「感謝の気持ちでいっぱいです」などと話し、移植した肺が機能していることを喜んでいたという。

患者は関西地方在住の女性。基礎疾患はなかったが昨年末に感染し、呼吸状態が急速に悪化。肺炎の後遺症で両肺は固く小さくなり、ほとんど機能しなくなった。

PCR検査で陰性となってから2カ月以上経過し、医療スタッフへの感染リスクが低下したと判断。今年4月5日に体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)を付けたまま京大病院に入院、手術を受けた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン