/

感染拡大の沖縄、観光客急減にため息 警戒のなか3連休

(更新)

新型コロナウイルスの感染が急拡大するなか、3連休が始まった。9日から「まん延防止等重点措置」が適用される沖縄県の観光地では、人出が前週と比べて大きく減少。東京の羽田空港では、PCR検査センターの前に並んだ旅行客から「どこまで感染者が増えるのか」と警戒と迷いの声が漏れた。

8日に国内で確認された新規感染者は8千人を超えた。沖縄県では同日、1759人の感染が確認され、3日連続で過去最多を更新した。

「4日ごろから急に通りに人がいなくなった。きょうも静かだ」。那覇市の観光地、国際通りで土産物屋を営む男性は8日、ため息をついた。年末年始は帰省客や観光客でにぎわい、コロナ禍前の半分ほどまで売り上げが回復していた。「せっかく復活の兆しが見えていたのに……」

近くの居酒屋は、同県への重点措置の適用を受けて9日から休業する。売り上げの9割は観光客。予約のキャンセルが相次ぎ、昨年11月に再開した三線(さんしん)のライブも6日から自粛している。店主は「店を開けても採算がとれない」とこぼす。

米軍岩国基地がある山口県岩国市も9日から重点措置の適用対象に。岩国市観光協会の米重良治事務局長は「観光客が日に日に減っている」と語る。

5連の木造アーチで知られる市内の観光名所、錦帯橋では、10日に正月飾りなどを焼いて1年間の無病息災を願う「錦帯橋とんど祭り」が予定されているが、神事やぜんざいの配布は急きょ中止にした。

羽田空港では8日朝から、旅行や帰省のフライトを待つ人たちが保安検査場や空港内のPCR検査センターで列をなした。

大阪府から到着した女性会社員(35)は都内の友人宅で1泊するつもりだったが、悩んだ末に日帰りを決めた。「友達と東京タワーを見てご飯を食べたら今夜には帰る」

東京都港区の旅行会社では4日以降、2~3月に沖縄や北海道などを訪れる国内ツアーのキャンセルが5件あった。担当者は「今のところ、お客様の多くは様子見をしている印象。今後も感染が急拡大していけば影響が広がるだろう」と顔を曇らせた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン