/

自転車で警官に突っ込み転倒、男が死亡 愛知

愛知県警稲沢署は8日、職務質問しようとした警察官に自転車で突っ込んだとして公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した稲沢市の会社役員の男(56)が、突っ込んだ際に転倒して意識不明となり、その後死亡したと発表した。

同署によると7日深夜、稲沢市小池の路上で、地域課の男性巡査(23)が自転車に乗った男に職務質問しようとしたところ、逃げたため追跡。正面に立ち、両手を広げて停止を求めたが、突っ込んできたという。

外傷性くも膜下出血や頭蓋骨骨折などで意識不明となり、約7時間半後に死亡した。

自転車は昨年、盗難届が出ていた。巡査による制圧行為などはなかったといい、西崎恭尚副署長は「現時点で適正な職務執行だったと判断している」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン