/

容疑者、自転車で移動か 茨城の夫婦殺害事件

茨城県境町の家族4人殺傷事件で、会社員の小林光則さん(当時48)と妻を殺害した疑いで逮捕された埼玉県三郷市の無職、岡庭由征容疑者(26)は、運転免許がなく普段は自転車で外出をしていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。茨城県警は、容疑者が現場への移動に自転車を使った可能性が高いとみて調べている。

岡庭容疑者の自宅から小林さん宅までの距離は約30キロ。捜査関係者によると、岡庭容疑者は免許がなく外出することは多くなかったが、時には自転車を使い、千葉県内に向かうこともあったという。

逮捕容疑は、19年9月23日午前0時40分ごろ、小林さんと妻でパート従業員の美和さん(当時50)の胸と首などを刃物で複数回刺し、失血死させた疑い。

事件当時、子ども部屋にいた長男(14)は両足や両腕を刺され、次女(13)も催涙スプレーを両手にかけられ軽傷を負った。1階にいた長女(22)は無事だった。県警は子どもたちに対する殺人未遂と傷害の両容疑でも捜査している。現場からは刃物などは見つかっていない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン