/

海外別姓婚「日本で成立」確定 原告控訴せず

米国で別姓のまま結婚した映画監督、想田和弘さん(50)と映画プロデューサー、柏木規与子さんが、日本でも婚姻関係にあることの確認を求めた訴訟は7日、訴えを退ける一方、婚姻自体は日本でも「有効に成立している」と認めた東京地裁判決が確定した。

原告側は「婚姻が法的に成立すると認めた判決を確定させたい」として期限内に控訴しなかった。

4月21日の判決は、別姓のまま外国の方式で成立した結婚は、日本でも有効だと判断。2人が求めた戸籍への記載は「家裁に不服を申し立てる方が適切だ」として却下したため、原告側は今後、家裁への申し立てを検討するとしている。

2人は2018年6月、東京都千代田区に別姓のまま婚姻届を出したが、受理されなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン