/

内田祥哉氏が死去 建築家

内田 祥哉氏(うちだ・よしちか=建築家、東京大名誉教授)5月3日、老衰のため死去、96歳。告別式は近親者で行った。喪主は妻、明子さん。

建築構法計画学を確立。超高層ビルから木造、プレハブまで、戦後の建築業界に幅広く影響を与えた。日本建築学会会長などを歴任した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン