/

盛り土が届け出量超過か、産廃も混入 熱海土石流で県

(更新)
静岡県熱海市伊豆山で発生した土石流の起点付近の様子(3日、同県提供)=共同

静岡県熱海市伊豆山地区での大規模土石流を巡り、静岡県の難波喬司副知事は7日午後の記者会見で、起点周辺にあった盛り土を搬入した神奈川県小田原市の不動産会社(清算)が行政への届け出を超える量を置いていた可能性があると明らかにした。盛り土に産業廃棄物が混入していたことも判明。県などは開発や造成経緯の解明を急ぐ。

県が公表した経緯によると、同社が2007年、県土採取等規制条例に基づき、市に提出した届け出では盛り土の総量は約3.6万立方メートル、高さ15メートルだった。

しかし、土石流発生後の分析では、約1.5倍の約5.4万立方メートルの盛り土があり、このうち少なくとも5万立方メートルが崩落したと推定。高さも約50メートルあった可能性があるという。

難波副知事は「(届け出を)超えた量が入れられた可能性がある」との認識を示した。

盛り土を巡り、10年ごろから産廃が混入されていたことも公表した。県や市は同社に対して再三指導をしており、難波副知事は「適正な行為でなかったことは間違いない。いろいろな面で手続き違反があった」とした。一方、県の指導を受け、森林法上の伐採は届け出ていた。

複数回の指導にもかかわらず、同社の手続きなどが是正されなかったことに対する行政責任に関しては「まずは経緯を明らかにしないと誰に責任があったかとはいえない」と述べるにとどめた。

土石流が発生した場所に南側で隣接する大規模太陽光発電所(メガソーラー)を巡っても、工事を始める際に許可なく森林を伐採するなど手続きが適切でなかったことを明らかにした。難波副知事は「(土石流には)あまり影響はないと思う」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン