/

茨城家族殺傷で26歳男逮捕 夫婦への殺害容疑、県警

小林さん夫婦が死亡しているのが見つかった住宅周辺を調べる捜査員(2019年9月、茨城県境町)=共同

茨城県境町の住宅で2019年9月、会社員の小林光則さん(当時48)と妻のパート従業員、美和さん(同50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、県警は7日、埼玉県三郷市の無職、岡庭由征容疑者(26)=公記号偽造の罪などで起訴=を夫妻に対する殺人の疑いで逮捕した。県警は被害者家族との接点は「現段階ではなかったとみている」と説明、認否は明らかにしていない。

夫婦が死亡しているのが見つかった住宅(2019年9月、茨城県境町)=共同

逮捕容疑は19年9月23日午前0時40分ごろ、小林さんの自宅で、夫妻それぞれの胸と首などを刃物で複数回刺し、失血死させた疑い。

事件は美和さんからの「助けて」という110番で発覚。警察官が駆け付けると、2階寝室で夫妻の遺体が見つかり、上半身の正面に多数の刺し傷があった。子ども部屋にいた長男(14)と次女(13)も重軽傷を負い、1階にいた長女(22)は無事だった。

岡庭容疑者は自宅で硫黄約45キロなどを貯蔵したとして、昨年12月にさいたま地検が消防法違反の罪で起訴。警察手帳の記章を偽造した疑いで茨城県警が今年2月に逮捕、3月に水戸地検が起訴していた。〔共同〕

逮捕の男、自宅に毒物原料も貯蔵

茨城県境町の夫妻殺害容疑で逮捕された岡庭由征容疑者(26)は昨年11月、茨城県警の情報提供を受けた埼玉県警が同県三郷市の自宅を家宅捜索し、大量の硫黄や毒物の原料が見つかった。危険物に関する知識も豊富だったとみられる。

自宅別棟にある容疑者の部屋を見た捜査関係者は「まるで実験室のようだった」と振り返る。化学反応させると有毒な硫化水素が発生する硫黄約45キロに加え、猛毒のリシンを含有するトウゴマや抽出に使う薬品があった。他にも大量の荷物があり、家宅捜索は数日に及んだ。

硫黄の貯蔵量が危険物の取り扱い基準に反したとして、三郷市条例違反容疑で逮捕後、取り調べには素直に応じた。担当者は「論理的で頭は良い」と感じたという。さいたま地検が消防法違反罪で起訴後、警察手帳の記章を偽造した疑いで茨城県警が逮捕し、境町の事件に関与した疑いが浮上していた。

岡庭容疑者の自宅周辺に住む住民は驚いた様子。近くを通り掛かった女性(77)は「小学生のころ、道ばたで同級生と楽しそうに遊ぶ姿をよく見かけた。どこにでもいるかわいらしい子」と話す。顔なじみの祖父母は最近、岡庭容疑者の話をしなくなったという。

近所の男性(52)は約10年前の高校生だった容疑者について「少し変わった雰囲気があり、何をするか読めない危うさを感じた」と話した。

幼少期から高校時代まで月に1度のペースで容疑者の髪を切っていたという理髪店の男性経営者によると、ヘアスタイルはいつも「お任せ」だった。小学生のころは無邪気で人なつっこい様子で、年齢を重ねるごとに口数が少なくなっていったという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン