/

大型鳥エミューが20羽脱走 熊本の牧場、5羽未発見

(更新)

熊本県菊池市は7日、同市の「熊本県菊池エミュー観光牧場」から大型の鳥エミュー約20羽が逃げたと明らかにした。市職員や消防団が数十人態勢で付近を捜し順次捕獲したが、依然5羽が見つからないまま同日の捜索を打ち切った。けが人は確認されていない。

牧場は福岡市の食品会社などが運営し、54羽を飼育。7日午前、脱走しているのを見つけた住民が菊池市に連絡した。牧場は、飼育場の扉が、エミューがぶつかった拍子に開き、一部が逃げ出したとみている。

牧場の担当者は「道路に飛び出して事故が起きないか心配だ。真摯におわび申し上げる」と謝罪した。

市職員らが徒歩や車で山あいの田畑などを捜索。見つけると、数人がかりで追い込んだり体にひもを絡ませたりして捕獲した。

市は「目撃したらむやみに近づかず、市に連絡してほしい」と呼び掛けている。

エミューはダチョウに次ぐ大型の鳥で、高さは最大2メートル近くになる。オーストラリアに分布し、おとなしい性格で飛ぶことはできないが、最高で時速50キロで走ることもある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン