/

この記事は会員限定です

還流資金、業者に上乗せ指示か 背任容疑の日大理事

[有料会員限定]

日本大学付属病院の建て替え工事を巡り、背任容疑で逮捕された日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)が病院の設計・監理業務を受注した都内の設計会社に対し、選定時の提案書で事業費を約6億円増額するよう指示していたことが8日、関係者の話で分かった。日大から「還流」した資金の捻出目的とみられ、最終的にこのうち2億2000万円が流出した。

東京地検特捜部も同様の経緯を把握し、契約実態などを調べているもようだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り836文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン