/

この記事は会員限定です

日本・千島海溝、後発地震に警戒を 12月から情報発信

[有料会員限定]

東北から北海道沖の日本海溝・千島海溝沿いでマグニチュード(M)7以上の地震が起きた際、より大きな後発地震への注意を促す情報発信が12月16日から始まる。M9クラスの地震が発生すれば最悪19万人超の死者が出る危険があるためだ。対象地域では1週間の警戒が必要となるが、M8以上の後発地震が起きる可能性は100回に1回程度。情報をどう生かせばいいのか。各地で模索が始まっている。

「後発地震が来るのは『当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1468文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン