/

この記事は会員限定です

アフィリエイト広告「誇大」防止へ 消費者庁が検討会

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

インターネットのサイト形式で商品を紹介する「アフィリエイト広告」を巡り、消費者庁が10日、規制のあり方について検討を始めた。閲覧者が商品を購入すると広告業者に報酬が入る仕組みで、品質や効果を誇大にうたったサイトが目立つ。不当表示の責任は広告の制作者にまで及ばず、実際とかけ離れた宣伝の横行を許しているのが現状だ。いかに表現の自由を守りながら消費者被害を防ぐのか。有識者による議論の行方が注目される。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン