/

横浜点滴中毒死、9日に判決 元看護師の責任能力が焦点

横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で2016年、入院患者3人の点滴に消毒液を入れて中毒死させたとして、殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判で、横浜地裁(家令和典裁判長)は9日、判決を言い渡す。

検察側は死刑を求刑。弁護側は被告が事件当時、統合失調症の影響で心神耗弱状態だったとして、無期懲役が相当と主張しており、刑事責任能力の程度と量刑の判断が焦点となる。

起訴状によると、16年9月、いずれも入院患者の興津朝江さん(当時78)、西川惣蔵さん(同88)、八巻信雄さん(同88)の点滴に消毒液「ヂアミトール」を混入し、殺害。殺害目的で点滴袋5個に消毒液を入れたとされる。

被告は初公判で「全て間違いありません」と起訴内容を認めた。

その後の被告人質問で、他の看護師らが亡くなった患者の家族に叱責されるのを目撃した経験から「勤務中に患者が亡くなって家族に責められるのを避けるため、自分の勤務時間外に死亡するようにした」などと動機を語った。

検察側は論告で、被告には完全責任能力があったと主張。一方、弁護側は最終弁論で、起訴後の精神鑑定結果を踏まえて「善悪を判断する能力が著しく阻害されていた」と述べた。〔共同〕

▼横浜の点滴連続中毒死事件 横浜市神奈川区の旧大口病院で2016年9月、点滴を受けた入院患者3人が相次いで死亡した。遺体や点滴などから消毒液に含まれる界面活性剤の成分が検出され、神奈川県警は殺人事件として捜査。3人の点滴に消毒液を混入し中毒死させたとして、久保木愛弓被告を18年7~8月、3度逮捕した。旧大口病院は17年、事件のイメージを払拭するため「横浜はじめ病院」に改称。19年から休診している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン