/

秋元議員の保釈許可 検察側は抗告、勾留9カ月

(更新)

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、東京地裁は7日、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪に問われた衆院議員、秋元司被告(49)の保釈を認める決定をした。保釈保証金は8千万円で、現金で納付された。検察側は決定を不服として抗告した。弁護人が6度目の保釈請求をしていた。

秋元議員は収賄罪での起訴後、昨年2月に保釈されたが、贈賄側に偽証を働き掛けた疑いで同8月に再逮捕されて以降、9カ月余り勾留が続いている。

秋元議員は1日から始まった被告人質問で改めて無罪を主張した。これまでの公判では、証人として出廷した贈賄側や、証人買収の実行役だった秋元議員の知人らがいずれも贈賄や証人買収を認めた一方、収賄罪の共犯に問われた元政策秘書の豊嶋晃弘被告(42)は被告人質問で秋元議員と贈賄側との面会を否定した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン