/

錦秋の合掌造りに水柱輝く 世界遺産白川郷で放水訓練

(更新)

世界文化遺産に登録されている岐阜県白川村の白川郷で7日、伝統の合掌造り集落の火災に備えた恒例の放水訓練が実施された。見ごろを迎えた黄葉の山々を背景に、高さ約20メートルの水柱が集落のあちこちで白く輝いた。

白川郷には大小114棟の合掌造りの木造家屋が軒を連ねる。かやぶき屋根で燃えやすく、出火すれば集落全体に延焼の恐れがあるため、付近に59基の消火用放水銃を設置。年に一度、点検を兼ねて一斉放水している。

午前8時のサイレンで放水を開始。集落を一望できる展望台に集まった観光客が、勢いよく上がった水柱に向けて夢中でシャッターを切った。

旅行中に偶然知って見に来たという甲府市の男性(68)は「歴史ある建物を守るのは大変だけれど、訓練を引き継いで合掌造りを長く残してほしい」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン