/

小田急線10人刺傷、36歳男を逮捕 殺人未遂容疑

(更新)

東京都世田谷区で6日夜、小田急小田原線の車内で乗客が刃物で刺されるなどした事件で、警視庁成城署特別捜査本部は7日、乗客の20代の女性を殺害しようとしたとして、川崎市多摩区の職業不詳、対馬悠介容疑者(36)を殺人未遂容疑で逮捕した。

捜査本部によると、同容疑者は「約6年前から幸せそうな女性を見ると殺したいと思うようになった。誰でもよかった」などと供述。「列車は途中で乗客が降りられず逃げ場がなく、大量に人を殺せると思った」とも供述しており、捜査本部が詳しい動機や経緯を調べている。

逮捕容疑は6日午後8時半ごろ、小田急小田原線の電車内で、20代の女性を殺害しようと刃物で複数回刺した疑い。女性は背中や胸などを刺されており、重傷という。

事件は同日夜、成城学園前駅―祖師ケ谷大蔵駅間を走行していた藤沢発新宿行き上り快速急行(10両編成)の車内で発生した。この女性を含め、男女計10人がけがを負った。

対馬容疑者は6日午後7時ごろ、川崎市内の自宅を出発し、登戸駅(同市)で快速急行に乗ったことが確認されたという。乗車後に7号車に移動し、刃渡り約20センチの刃物で女性を複数回刺したとみられる。

さらに刃物を振り回し、逃げる乗客を追いかけたが、刃物が壊れたため、車内でサラダ油を床にまいて火をつけようとしたという。実際には出火せず、現場付近で油が入っていたとみられる容器などが発見された。凶器とみられる刃物や携帯電話も見つかっている。

電車は車内から「刃物を振り回している男がいる」との通報が入り、祖師ケ谷大蔵駅の手前で緊急停止。対馬容疑者は線路に飛び降り逃走したとされる。

その後、同容疑者は杉並区内のコンビニエンスストアで「ニュースであった事件は私がやりました。逃げるのに疲れました」などと名乗り出て、店員が110番。警視庁が身柄を確保した。

一方、事件前の6日昼ごろ、対馬容疑者は新宿区内の食料品店で万引きをしたとして、警視庁から任意で事情聴取を受けたという。捜査本部によると、一旦自宅に帰宅し、食料品店の店員を殺害しようと計画したが、閉店時間までに店を再訪できないことに気づいたため、電車内での犯行に切り替えたという趣旨の説明をしている。

捜査本部は今後、電車内の現場検証を実施するなどして、事件の詳しい経緯を調べる方針。

安全確保の徹底通知 国交省、鉄道事業者に向け


国土交通省は7日、全国の鉄道事業者に対し、巡回による警戒監視や警察との連携など、安全確保の徹底を求める通知を出した。東京五輪・パラリンピックに際し鉄道事業者はテロ対策に取り組んできたとした上で、防犯カメラや非常通報装置の適切な運用などセキュリティー確保に努めるよう要請している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン