/

この記事は会員限定です

クライミング女子 2人が銀銅メダル、健闘たたえ合う

[有料会員限定]

東京五輪で初採用された競技で日本代表の2人が表彰台に立った。6日のスポーツクライミング女子複合で、野中生萌選手(24)が銀メダル、野口啓代選手(32)が銅メダルを獲得した。激戦の後、お互いの健闘をたたえ合った。

「メダルうれしい。諦めずに乗り越えてきてよかった」

野中選手は度重なるけがに苦しんできた。肩は完全に治りきっておらず、予選では痛みに耐えられない時もあった。それでも「世界最強の選手になりた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン