/

眞子さま、小室圭さんと26日に結婚 宮内庁が正式発表

(更新)

宮内庁は1日、秋篠宮家の長女、眞子さま(29)と大学時代の同級生、小室圭さん(29)の結婚の日取りが26日に決まったと発表した。同日にお二人で記者会見を開かれる。同庁は、小室家を巡るトラブルに批判が相次いだことで、眞子さまが複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されたと明らかにした。

皇室典範の規定により、眞子さまは結婚によって皇室を離れられる。眞子さまの希望で、結納にあたる「納采の儀」や、天皇、皇后両陛下に宮殿で正式な別れのあいさつをする「朝見の儀」などの結婚関連儀式は行わない。

眞子さまは皇室経済法の規定で国から支給される一時金も辞退される意向で、その金額を決める皇室経済会議も開催されない。結婚で皇室を離脱する女性皇族に一時金が支給されないのは初めて。

眞子さまは年内にも小室さんとともに米国に渡り、新生活を始められる。外務省や警察庁によると、日本の警察当局による身辺警護などはつかないという。

お二人の婚約は2017年9月に内定したが、同年末に小室さんの母と元婚約者の金銭トラブルが明らかになり、宮内庁は翌18年2月、延期を発表した。

秋篠宮さまはこれまで「多くの人が納得し、喜んでくれる状況」にならなければ結婚の儀式はできないとの見方を表明。トラブル解決を優先すべきだとの考えを示されてきた。

一方、小室さんは米国での法曹資格を取得するため単身渡米し、ロースクールでの留学生活に入った。その後、「金銭トラブル」について相手側と交渉する考えを示したものの、明確な進捗は明らかになっていない。

小室さんは今年7月、ニューヨーク州の弁護士試験を終え、同州の法律事務所への就職も決まった。9月27日に約3年ぶりに帰国し、現在は新型コロナウイルスの感染対策で横浜市の自宅で2週間の待機期間を過ごしている。

眞子さまが結婚で皇籍を離脱されることにより、皇室は計17人となる。このうち未婚女性は天皇家の長女、愛子さま(19)や眞子さまの妹、佳子さま(26)をはじめ、5人。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン