/

ビジネス訴訟、迅速解決へ 知財などの専門裁判所始動

契約や知的財産を巡る企業同士の争いなど、ビジネスを巡る訴訟を専門的に扱う全国初の裁判所「ビジネス・コート」(東京・目黒)の運用が始まった。霞が関の東京地裁から関係部署を移して機能を集約。ビジネス訴訟の複雑化や国際化が進むなか、世界でも遅れていた民事訴訟のIT(情報技術)化に対応する拠点としても活用する。迅速な紛争解決を実現し、日本の民事裁判の国際的な信用強化につなげる狙いがある。

「ビジネスに関する専門部署が集まって連携することで、知見を共有し切磋琢磨(せっさたくま)する相乗効果が生まれる」。東京地裁の朝倉佳秀・所長代行はビジネス・コートのメリットをこう説明する。

ビジネス・コートは地上5階、地下1階建ての「東京地裁中目黒庁舎」に入り、11日から稼働している。特許や商標に関する訴訟を受け持つ知財高裁のほか、同地裁で企業活動に関する訴訟を扱う「知的財産権部」と「商事部」、「倒産部」の3部署がそろって移転。

経済界の最新の動向や専門家とのつながりなど、従来は部署ごとに蓄積してきた情報を「横」で提供しあうことで、審理の充実につなげる。

法廷は18室あり、特許訴訟で製品の特徴や技術などを説明する際に活用できる大型モニターを設置。遠隔地からの証人尋問などで使うことも想定しているという。

裁判所と弁護士事務所をインターネットで結んで民事訴訟の手続きを進める「ウェブ会議」を実施しやすくするため、計14の専用ブースを裁判官の執務室に整備した。

専用ブースの設置は全国の裁判所で初めてで、画面上で書面を共有できるなど、双方の代理人が裁判所に出向かなくても争点整理などができる環境を整え、審理の迅速化につなげる狙いがある。

最高裁によると、2020年に終局した知的財産に関する訴訟(一審)は423件で、平均審理期間は15.4カ月だった。通常の民事事件(9.9カ月)と比べて長期化する傾向があり、審理が2年以上に及んだ訴訟も約2割に上った。

ビジネス・コートは、非公開の協議で特許や著作権など知的財産を巡る紛争解決を図る「知財調停」でも活用される見込みだ。

経済のグローバル化に伴い、ネット上の取引などが普及し、紛争当事者が多国間に分散する事例なども増えている。21年には、車載通信部品が特許を侵害しているとして、米特許会社がトヨタ自動車ホンダなどを米裁判所に提訴した事案もあった。企業の海外展開が進めば、国境を越えた訴訟に巻き込まれるリスクも増す。

米国や英国などにはビジネス紛争に特化した裁判所がすでに設置されており、裁判所同士が連携して紛争に対処することなども期待されている。

知的財産を巡る訴訟を多く手掛ける小林幸夫弁護士は「スピードが重視されるビジネスの実態に即した、迅速で充実した審理を期待したい。裁判所での司法手続きが企業にとって使いやすいものになれば、日本の経済力の強化につながるはずだ」と話している。(嶋崎雄太)

IT化遅れに課題も

「ビジネス・コート」が置かれた背景には、かねて世界に後れをとると指摘されてきた、企業活動を巡る日本の司法インフラを強化する狙いもある。

世界銀行が2019年に公表したビジネスのしやすさを評価した国際ランキングでは、日本は29位。司法手続きのIT(情報技術)化などの利便性も算定要素となっており、アジアでみても香港(3位)や韓国(5位)に水をあけられる。

米国では1990年代から訴状のオンライン提出が始まり、英国でも2015年から認められている。シンガポールでは既に、スマートフォンを利用した記録の閲覧や期日の調整、ウェブ会議などの運用が始まっている。

日本では今年5月、提訴から判決言い渡しまでの民事訴訟の手続きを全面的にIT化する改正民事訴訟法が成立。段階的に施行し、25年度中の全面移行を目指すが、専門家からは「日本は民事裁判のIT化が世界から20年程遅れている」といった指摘も上がる。

ビジネス・コートは争点整理などでのウェブ会議の積極利用を進めるが、弁論期日などでは裁判所に出向き紙の資料でやりとりする従来型の審理がしばらく続きそうだ。オンラインでの口頭弁論や訴訟資料のやり取りなど、本格的なデジタル化を実現する上では、情報漏洩を防ぐ強固なセキュリティーの構築などの課題も残されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン