/

自宅療養者にアビガン処方 千葉の病院、厚労省が指導

(更新)

千葉県いすみ市の公立病院「いすみ医療センター」で8~9月、新型コロナウイルスの自宅療養者約90人に抗ウイルス薬「アビガン」を処方していたことが6日、県などへの取材で分かった。厚生労働省は、自宅療養でのアビガン投薬を認めておらず、11月25日にセンターに状況を報告するよう指導した。

県によると、現時点で副作用や健康被害は確認されていない。

アビガンはコロナ治療薬としては未承認。厚労省は4月、「観察研究」として、対象となる患者や医療機関の条件をまとめ、自治体に通知した。動物実験で胎児に催奇形性が確認されているため、利用を希望する医療機関は、医師の管理下で服薬管理ができることなどを要件とし、自宅療養や宿泊施設での投薬は認めていなかった。国内では観察研究で1万5千人以上に投与されている。

処方に関わったセンターアドバイザーの男性医師(72)は、取材に「当時は医療逼迫状態で、通常は入院できるはずの患者が自宅療養になり、何もしないわけにはいかなかった。厚労省に事前に相談しておらず、反省している」と述べた。

この医師によると、自宅療養者にセンター近くまで車で来てもらい、車に乗ったまま診察。ウイルス量が多かった患者に対し、同意書を取った上で5日分を処方、自宅で服用させた。毎日電話か対面で経過を確認したという。

センターは8月、医療逼迫に備えて観察研究に参加し、アビガンを調達。男性医師は、厚労省が出した別の通知内に「災害医療での対応を」との趣旨の記載があり、保健所などと相談し自宅療養者への投与を決めたと説明している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン