/

この記事は会員限定です

物価高にコロナ、暮らし切実 参議院選挙に託した思いは

[有料会員限定]

有権者は論戦のどこに着目して投票し、選挙後の政治には何を望むのか。課題に向き合う現場からは実効性のある生活支援のほか、コロナ禍で落ち込んだ経済活動の底上げを求める声が上がった。

物価高、食費切り詰め

「生活はギリギリ。毎日生きていくので精いっぱいです」。北関東に住む30代のシングルマザーは物価高も重なり、暮らしは厳しくなるばかりだ。

夫の暴力などが理由で5年ほど前に離婚。娘を連れ家を出たが精神...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参議院選挙2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となりました。開票結果やニュース、解説などをお伝えします。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン