/

辺野古サンゴ、県の敗訴確定 普天間移設で国の指示巡り

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て海域に生息するサンゴを巡り、農相が移植を許可するよう指示したのは違法だとして、県が取り消しを求めた訴訟の判決で、最高裁第3小法廷(林道晴裁判長)は6日、県の上告を棄却した。

県の敗訴とした福岡高裁那覇支部判決が確定した。

判決によると、防衛省沖縄防衛局は2019年、小型サンゴ類計3万9600群体の移植の採捕許可を県に申請した。県が一定期間を経過しても判断しなかったため、農相は20年2月、地方自治法に基づき県に是正を指示した。

県は国地方係争処理委員会に申し立てたが「違法ではない」と退けられたため提訴した。高裁那覇支部は今年2月「許可しないのは裁量権の逸脱で、違法だ」と判断し、県の請求を棄却した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン