/

天皇、皇后両陛下が鉄道開業1世紀半祝い式典に出席

日本の鉄道開業から14日で150周年となるのを記念し、国土交通省などは6日、JR東京駅の赤れんが駅舎にある東京ステーションホテル(東京・千代田)で式典を開いた。天皇、皇后両陛下が出席されたほか、国会議員や政府関係者、JR7社の幹部ら約110人が参加した。

天皇陛下はお言葉で、人口減少や新型コロナウイルスの影響下でもサービスを続けている鉄道事業者をねぎらい「難しい状況を乗り越え、引き続き人々に親しまれながら暮らしと経済を支えていくことを期待します」と述べられた。

JR東日本の深沢祐二社長は「鉄道の伝統を次の世代につなぎ、町づくり、観光振興、脱炭素化といった分野でも社会的使命を果たしていく」と謝辞を述べた。

鉄道博物館(さいたま市)によると、日本の鉄道は明治政府による近代化政策の一環として、鉄道発祥国・英国の技術者を招き建設された。開業日は盛大な式典が開かれ、明治天皇らが乗車した。

宮内庁によると、1972年の100周年の式典には、昭和天皇と香淳皇后が出席した。

開業日となる14日の「鉄道の日」にはJR各社や全国の私鉄、公共鉄道が祝賀イベントを開催する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン