/

この記事は会員限定です

米テロ報告書、自ら翻訳・出版 息子亡くした男性の20年

(更新) [有料会員限定]

2001年9月11日に発生した米同時テロから20年。米国駐在中だった長男を失った男性は、息子が犠牲になったテロの背景を広く知ってほしいと、米議会の調査報告書を約10年越しで日本語に翻訳した。当時現地で対応にあたった元日本大使館員は、教壇で危機管理の重要性を説く。約3千人が犠牲になった惨事の意味を改めて考え、伝える試みが、日本でもなお続いている。

東京都目黒区の住山一貞さん(84)の自宅に、4つに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン