/

この記事は会員限定です

博士学生の経済負担軽く 大学職員に採用や奨学金給付

[有料会員限定]

大学院の博士課程に在籍する学生の生活を支える取り組みが広がっている。大学職員として働きながら研究を続けられる制度の導入や、返済不要の奨学金の支給対象の拡大が目立つ。企業とのマッチング会を開いて就職を後押しする試みもある。処遇改善や就職への不安払拭を進め、低迷する博士課程の人気を取り戻したい考えだ。

幼児教育の研究で離島の保育所に通いつつ、PhDリクルート室特任助教として博士学生向け就職支援業務を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン