/

この記事は会員限定です

日本の入管、希薄だった人権意識 スリランカ女性死亡

原則収容の見直し急務

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

名古屋出入国在留管理局で収容中のスリランカ人女性(当時33)が3月に死亡した問題で、出入国在留管理庁が10日に公表した調査報告書からは医療体制の不備とともに、現場職員の人権意識の希薄さが浮かび上がった。在留資格がない外国人を原則収容する「全件収容主義」の負の側面が露呈したとの見方もある。

制度には収容期限がなく、非人道的との国際的な批判も根強い。入管行政のあり方の見直しが求められる。

同庁の佐々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン